大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

パーキンソン病ステーション 患者さんとそのご家族、介助者の方へ

おうちでできる!
リハビリテーションのススメ

監修 埼玉県総合リハビリテーションセンター 副センター長(神経内科)
市川忠先生
理学療法科 主任 理学療法士 笠井健治先生

パーキンソン病の患者さんがご自宅で出来る運動を動画で紹介しています。筋力維持のための運動、柔軟性維持の運動、姿勢や歩行の改善、疲れにくい身体を作るための運動を理学療法士が実演解説いたします。

パーキンソン病におけるリハビリテーションは、 薬物療法や外科治療と並んで身体機能を維持する ために必要な治療のひとつです。 あなたの体の状態や気になる点に合わせて 適切なリハビリテーションを 行いましょう。

足腰の筋力を
維持するために

足全体の筋肉や、体を支える足と背中の筋肉を鍛える運動、また、背筋とバランスを意識した運動をご紹介しています。壁や平らな場所で行う運動です。

無理をせず、怪我や転倒をしないように十分に気をつけて運動を行いましょう。

リハビリ動画一覧へ

体が硬くなって
きたなと思ったら

首と背筋を伸ばしたり、体をひねったり、体の側面を伸ばしたりして、硬くなってきた体をやわらかくしていきます。平らな場所で行う運動です。

無理をせず、怪我や転倒をしないように十分に気をつけて運動を行いましょう。

リハビリ動画一覧へ

歩幅が小さく
なったと感じたら

大きな一歩を出す歩行運動や、大きな歩幅で歩くためにバランスをとりやすくする運動、また、両手に杖をもって大きな歩幅であるく運動をご紹介しています。手すりやテーブル、壁、杖を使った運動です。

無理をせず、怪我や転倒をしないように十分に気をつけて運動を行いましょう。

リハビリ動画一覧へ

姿勢がわるく
なったと感じたら

背筋を伸ばしたり、背筋を鍛えたり、また、棒(または杖)を使って上半身の筋肉を伸ばす運動をご紹介しています。

無理をせず、怪我や転倒をしないように十分に気をつけて運動を行いましょう。

リハビリ動画一覧へ

持久力をつけるために

疲れにくい体を作るには持久力をつけることが大切です。足の筋肉を維持する運動とバランスをとりやすくする運動の組み合わせと、バランスをとる運動の組み合わせを紹介しています。あなたの体の状態や気になる点にあわせた適切なリハビリテーションを行いましょう。

無理をせず、怪我や転倒をしないように十分に気をつけて運動を行いましょう。

リハビリ動画一覧へ