大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

パーキンソン病ステーション

おうちでできる!リハビリテーションのススメ

パーキンソン病の患者さんがご自宅で出来る運動を動画で紹介しています。筋力維持のための運動、柔軟性維持の運動、姿勢や歩行の改善、疲れにくい身体を作るための運動を理学療法士が実演解説いたします。

監修 埼玉県総合リハビリテーションセンター 副センター長(神経内科) 市川忠先生
理学療法科 主任 理学療法士 笠井健治先生

リハビリテーションのススメ

市川忠先生

リハビリテーションのススメ動画別ウインドウで開く

埼玉県総合リハビリテーションセンター市川忠先生が、パーキンソン病におけるリハビリテーションの重要性についてご紹介いたします。

足腰の筋力を維持するために

体が硬くなってきたなと思ったら

歩幅が小さくなったと感じたら

姿勢がわるくなったと感じたら

持久力をつけるために