大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

パーキンソン病ステーション

パーキンソン病ステーション 患者さんとそのご家族、介助者の方へ

体が硬くなって
きたなと思ったら

監修 埼玉県総合リハビリテーションセンター 副センター長(神経内科)
市川忠先生
理学療法科 主任 理学療法士 笠井健治先生

2. 体をひねる運動

体をひねる運動です。
平らな場所に、両方のひざを前に伸ばして座った状態からの運動です。

無理をせず、怪我や転倒をしないように十分に気をつけて運動を行いましょう。

  • 1

    平らな場所に両方の膝を前に伸ばして座ります。

  • 2

    右に体をひねり、両手を床につけます。

    この姿勢を30秒以上維持することを目標にします。
    この時、しっかりと顔もひねる方向を見るようにしましょう。

    ゆっくりと呼吸をしながら行いましょう。ゆっくりと体を正面に戻します。

  • 3

    左に体をひねり、両手を左側の床につけます。この姿勢を30秒以上維持することを目標にします。

    ゆっくりと呼吸をしながら行いましょう。この動きは左右交互に2回ずつ繰り返しましょう。

運動のポイントを動画で紹介していますので、ぜひご覧ください。

動画を見る