大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

パーキンソン病ステーション

パーキンソン病ステーション 患者さんとそのご家族、介助者の方へ

パーキンソン病の原因

監修 国立精神・神経医療研究センター病院長 村田美穂先生

私たちが体を動かしたり、胃が食べたものを消化したり、汗をかいたりする動きや働きは、すべて脳からの指令で行われています。この脳から体の各部分への指令は、神経伝達物質という物質が神経細胞を通じて流れることで伝えられています。パーキンソン病の患者さんは、脳の中で神経伝達物質のドパミンが不足することで、指令がうまく伝わらなくなっています。

このドパミンは脳の中脳の黒質という部分の神経細胞で作られていますが、パーキンソン病の患者さんの脳では、黒質の細胞が減りドパミンの作られる量が少なくなっています。通常であれば、黒質で作られたドパミンは大脳の線条体という部位で、脳のさまざまな部分との連絡役として働き、体の動きや働きを調節します。しかし、パーキンソン病の患者さんは、ドパミンが不足して十分な調節が行えないため、体の働きに支障が出るようになり、運動症状や非運動症状が現れると考えられています。

なぜ黒質の神経細胞が減少するのかは、まだ完全には分かっていません。しかし、パーキンソン病の患者さんの脳を調べると、ドパミンを作る神経細胞などに、レビー小体というタンパク質の塊ができていることが知られています。レビー小体の主な成分はアルファ・シヌクレインという異常なタンパク質で、このタンパク質が神経細胞にたまると、神経細胞がダメージを受けて減ることが分かっており、アルファ・シヌクレインやレビー小体がパーキンソン病の原因ではないかといわれています。

また、パーキンソン病のほとんどは、家族や親戚には患者さんのいない孤発性パーキンソン病ですが、一部には遺伝による家族性パーキンソン病もあります。そのため、パーキンソン病の発症には、環境や遺伝など、多数の要因が関係すると考えられています。

体の動きを調節する神経伝達物質:ドパミン

ドパミンは中脳の黒質でつくられる

村田美穂監修:スーパー図解パーキンソン病. 法研, 東京, p35, 2014

パーキンソン病の発症にかかわる?レビー小体

中脳の黒質を顕微鏡で見ると

村田美穂監修:スーパー図解パーキンソン病. 法研, 東京, p39, 2014