大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

高血圧一問一答 ~よくある質問に答えます~

高血圧の薬を飲む際、ベストな時間帯や回数はありますか?

高血圧治療において最も重要なことは「血圧を低く保つこと」であり、それには降圧薬を毎日忘れずに飲み続けることが大切です。高血圧治療によく用いられる降圧薬は1日1回投与のものが多くなっており、一般的には習慣化しやすい朝に服薬するよう指示されると思います。しかしながら、朝食をとる習慣のない患者さんや夜勤で働いている人などは、朝の服薬を継続するのは難しいことかもしれません。1日1回服薬するタイプの降圧薬は、効き目が約24時間持続するようにつくられていますので、服薬する時間帯をそれほど気にする必要はありません。たとえば昼食後など、患者さんのライフスタイルのなかで飲み忘れにくい時間帯を決め、そのタイミングで服薬してもよいでしょう。また、もし薬を飲み忘れてしまった場合には、1日1回服用のタイプであれば、いつもの時間から半日ぐらい遅れても問題はありません。翌日からは、またいつもの時間に服薬してください。

一方、高血圧患者さんのなかには、昼間の血圧は低く保たれているにもかかわらず、起床後すぐの朝の血圧が高いという血圧変動の大きな人もいらっしゃいます。これは早朝高血圧といって脳卒中や心筋梗塞の発症につながることがあるため、降圧薬を1日2回、朝と夜に飲むタイプに変更することがあります。1日2回の薬剤を使うと、とくに夜の服薬を忘れてしまいやすいようですが、食卓の目のつくところに薬袋を置いて食後に服用する、家族に服薬確認の協力を仰ぐなどの工夫は、飲み忘れ防止に効果があるようです。診察では「よく飲み忘れてしまうので、薬が余っています」と話す患者さんもいらっしゃいますが、まずは飲み忘れる原因を考えながら、主治医の先生と一緒に患者さんにとって続けやすい時間帯・回数をみつけていきましょう。

高血圧治療に取り組む患者さんへのメッセージ

ふだん診療をしていると、血圧が治療目標値を達成していないにもかかわらず、それを放置している患者さんが散見されます。心筋梗塞、心不全や脳卒中、認知症などの発症をしっかり予防するには、血圧が少し下がっただけでは不十分で、治療目標値以下にコントロールすることが重要です。「降圧薬を飲んでいるから大丈夫だ」と安心せず、運動や食事内容の見直し、減量などにも積極的に取り組んで、さらなる血圧低下を目指していきましょう。

ドクターの紹介

医療機関名称 交野病院 内科
住所 大阪府交野市松塚39番1号
電話番号 072-891-0331
医師名 内科部長 中森 久人(なかもり ひさと)先生

※ 掲載情報は取材当時の内容となりますので予めご了承ください。

次へ

前へ