大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

高血圧一問一答 ~よくある質問に答えます~

人によって血圧の目標値は違いますか?

高血圧治療の指針である『日本高血圧学会の診療ガイドライン』では、一般的に診察室で測定する血圧(診察室血圧)は140/90mmHg未満、家庭で測定する血圧(家庭血圧)は135/85mmHg未満を目指して治療しましょうと示されています。

ただし、糖尿病や慢性腎臓病(CKD)を合併している患者さんは、脳卒中や心臓病を発症する危険性がより高いことから、診察室血圧は130/80mmHg未満、家庭血圧は125/75mmHg未満と、より厳格な血圧コントロールが求められています。その他にも患者さんの年齢や、合併症治療のために服用しているお薬の種類などによって目標値の設定が異なるため、主治医から伝えられる高血圧治療の目標値が患者さんによって異なることもあるでしょう。

しかしながら、脳血管障害の診療に携わっている私はこの目標値にとらわれることなく、可能な限り血圧を下げていくことが望ましいと考えています。なぜなら、脳の血管が詰まることで起きる脳梗塞や、脳の血管が破れて出血する脳出血は、ともに高血圧が大きな原因のひとつであり、血圧をしっかりと下げていくことは、これらの命にかかわる重大な疾患を最も効果的に予防する手段となるからです。また、血圧は年齢とともに上昇していきますが、患者さんのなかには「年をとったら血圧は少しぐらい高くてもよいのではないか」と考える方もいらっしゃるようです。しかし、高齢になればそれだけ動脈硬化が進行して、血管が破れたり詰まったりしやすい状態になっています。そうした危険性を下げるためにも、高齢者であっても血圧を低く保っていくことが重要です。まずは家庭血圧を測定することによって普段の血圧を正しく把握し、減塩や運動など生活習慣の改善に取り組みながら、必要に応じて薬物治療の力を借りて、できるだけ低い血圧値を目指すようにしましょう。

高血圧治療に取り組む患者さんへのメッセージ

脳神経外科医として毎年200~300例の脳卒中患者さんを治療してきた経験から言えることは、ひとたび脳卒中を起こしてしまうと脳の細胞が死んでしまうため、後遺症が残ったり、身体の機能を元の状態に戻したりすることが非常に難しい疾患であるということです。そして、この脳卒中を予防するには血圧のコントロールが極めて有効だということです。また、高血圧は脳以外にも心臓や腎臓といった他の重要な臓器への影響も大きい、いわば“万病の元”とも言える病態です。したがって、高血圧の自覚症状がないからと言って放置せず、早期から適切な治療を受けるようにしていただければと思います。

ドクターの紹介

医療機関名称 釧路労災病院 脳神経外科
住所 北海道釧路市中園町13-23
電話番号 0154-22-7191
医師名 脳神経外科部長 脳・脊髄外科センター長
磯部 正則(いそべ まさのり)先生

※ 掲載情報は取材当時の内容となりますので予めご了承ください。

次へ

前へ