大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

高血圧一問一答 ~よくある質問に答えます~

高血圧の薬にはどのような種類がありますか?

現在、高血圧治療によく用いられている薬剤は、カルシウム(Ca)拮抗薬、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)、アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬、利尿薬、β遮断薬などであり、医師は患者さんの高血圧の重症度や既往症、合併症などを加味して薬剤を選択しています。

Ca拮抗薬は、血管収縮作用のあるカルシウム(Ca)が血管の平滑筋に流入するのを防ぐことで、血管を広げて血圧を下げる薬です。降圧効果が高く、高齢者や腎機能障害のある患者さんにも投与しやすいことから、多くの患者さんの治療に用いられています。なお、グレープフルーツ(ジュースを含む)を摂ると薬の効果が強くなりすぎてしまうことがあるため、Ca拮抗薬を服用中は摂取を控えるようにしてください。

ARBとACE阻害薬は、血管を収縮させるホルモンの働きや産生を抑えることで、血管を広げて血圧を下げる薬です。また、血圧低下に加えて、腎臓や心臓、代謝系に対してもよい効果があることから、腎機能障害や心不全、糖尿病などを合併した患者さんにも適しています。なお、これらの薬剤は妊娠中・授乳中には服用することができません。

利尿薬にはいくつかの種類がありますが、高血圧治療に使用されるのは、おもに「サイアザイド系」とよばれる薬で、腎臓での塩分(ナトリウム)の再吸収を抑制して、水分とともに体外に排泄し、体液量を減らすことで血圧を低下させます。塩分摂取量の多い患者さんなどで効果が高いと考えられ、Ca拮抗薬やARBなどと併用されることも多い薬剤です。

β遮断薬は、心収縮力を弱め、心拍数を減らし、心臓から送り出される血液量を少なくして血圧を下げる薬です。心臓を少し休ませることができるので、心不全など心臓に負担のかかっている患者さん、頻脈や心房細動を合併する患者さんなどによく使用されます。

なお、これらの薬剤を1剤で使用しても血圧が十分に低下しない場合には、作用機序の異なる薬剤を併用して、より強い降圧を目指します。最近では、患者さんの服用の負担を減らすために1錠に2つの薬剤成分が含まれる配合剤を使用した治療が行われることもあります。

高血圧治療に取り組む患者さんへのメッセージ

高血圧の状態が持続すると動脈硬化が進行するだけでなく、心臓や腎臓といった臓器にも負荷をかけ、心肥大や腎不全などの臓器障害を引き起こす可能性があります。そのため、高血圧治療は“臓器を守る”という意味でも、とても重要なことです。高血圧治療では、どうしても血圧値の変化に目が行きがちですが、臓器障害がどのくらい進行しているかについても、心機能や腎機能を評価する検査を定期的に受けて確認していきましょう。

ドクターの紹介

医療機関名称 東京天使病院 内科・循環器科
住所 東京都八王子市上壱分方町50-1
電話番号 042-651-5331
医師名 院長 別役 徹生(べつやく てつお)先生

※ 掲載情報は取材当時の内容となりますので予めご了承ください。

次へ

前へ