大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

高血圧一問一答 ~よくある質問に答えます~

高血圧の薬は一生飲み続けないといけないのですか?

高血圧には、原因が明らかな「二次性高血圧」と、原因がはっきりしない「本態性高血圧」の2種類があり、高血圧患者さんのおよそ1割が二次性高血圧で、残りの9割が本態性高血圧と言われています。

二次性高血圧の患者さんでは、血圧を上昇させている根本的な原因を取り除くことによって血圧を下げることができれば、降圧薬を服用しなくてもよい場合があります。一方、本態性高血圧の患者さんでは、生活習慣の改善や運動療法を行っても血圧が目標値まで下がらなければ、原則として降圧薬の服用を継続していただくことになります。

肝心なことは、降圧薬は文字通り“血圧を下げるためのお薬”であって、“高血圧という病気そのものを治すための治療薬”ではないということです。よって、降圧薬の服用をやめてしまうと、また元の高血圧の状態に戻ってしまいます。しかし、これまでの研究で、降圧薬を服用して血圧を適切な値まで下げておくと、全身の動脈硬化の進行が抑制され、将来、心筋梗塞や脳梗塞になる危険性が低くなることが明らかにされています。このため、糖尿病や慢性腎臓病などの合併症がない患者さんでは、診察室で測定した上の血圧(収縮期血圧)は140mmHg未満、下の血圧(拡張期血圧)は90mmHg未満を目標に、降圧薬を服用し続けることによって血圧のコントロールを目指します。

なお、血圧は常に一定の値を保っているのではなく、身体活動や精神の状態、あるいは季節の温度変化などの影響を受けて変動します。また、血圧の目標値も合併症や年齢、併用している薬剤の種類などによって異なります。このため、医師は患者さんが記録している家庭血圧の値の推移を見て、処方する降圧薬の量や種類を変更することがあります。たとえば、一般的に血圧は夏季に下がり、冬季に上がる傾向があるため、夏季には降圧薬を減量したり一時的に休止したりすることがあります。しかし、降圧薬の服用を完全に止めてしまうと、いったん低下した血圧も再び上昇するため、基本的に降圧薬は継続して服用していただくことになります。

高血圧治療に取り組む患者さんへのメッセージ

高血圧を治療せぬまま放置しておくと、やがて心筋梗塞や脳梗塞を発症してしまうことがあります。そうなると、場合によっては、大きな手術や入院が必要になったり、その後の生活に大きな支障を来したりします。また、治療費もかかります。それに比べれば、降圧薬を服用し続けることは、痛みも伴わず、それほど費用もかからず、また患者さん自身で行えるので容易です。処方された降圧薬は自己判断で減量したり、服薬を休止したりすることなく、飲み続けてください。もしも降圧薬が飲めずに残っている場合は、飲めない理由を主治医に伝えるようにしましょう。場合によっては、主治医が処方内容を変更し、複数の降圧薬の成分がひとつになった配合剤という、1回に服用する数を減らすことができるお薬に変更することがあります。降圧薬の服用のタイミングは、通常は食前でも食後でも問題なく、また生活のリズムや、起床時の血圧変動によっては、朝ではなく夕方や寝る前の服用が良い場合もあるので、主治医に相談の上、ご自身で無理なく服用できる時間帯にきちんと服用し続けてください。

ドクターの紹介

医療機関名称 岩見沢市立総合病院 内科(循環器・糖尿病)
住所 北海道岩見沢市9条西7-2
電話番号 0126-22-1650
医師名 副院長 鈴木 章彦(すずき あきひこ)先生

※ 掲載情報は取材当時の内容となりますので予めご了承ください。

次へ

前へ