大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

高血圧一問一答 ~よくある質問に答えます~

血圧の正しい測定方法を教えてください。

家庭血圧計には色々な種類がありますが、できれば上腕(ひじから上)にカフ(ベルト)を巻くタイプの測定器を使うようにしましょう。指や手首で測るタイプのものは計測値にばらつきがあるため、お勧めはしていません。

測定するのは、朝と晩の2回が基本です。朝は起床後、トイレに行った後で朝食を食べる前、お薬を飲む前に測定しましょう。血圧値は、喫煙や飲酒、あるいは入浴直後は変動して正確に測定できません。したがって、晩に測定する時は寝る前か、お酒を飲む夕食前がいいでしょう。

朝・晩、いずれのタイミングで測定する場合も、背もたれのある椅子に座ってカフを上腕に巻き、1~2分間安静にした後、測定を開始します。カフは2本の指が入るぐらいの締め具合で巻き、測定時はカフを心臓の高さで維持するようにします。1度に測定する回数は2回までで、1回目と2回目の平均値を血圧手帳などに記録します。もしも平均値の計算が大変であれば、1回目と2回目の血圧値をそのまま記録してもよいと思います。同時に脈拍数も記録して下さい。

家庭血圧は、診察室で測る血圧に比べて脳卒中や心筋梗塞といった病気の発症をより予測しやすいと言われています。本当に治療が必要な高血圧かどうかの見極めや、診察室では正常血圧であっても家庭では血圧が上昇する仮面高血圧、その逆の白衣高血圧の発見には家庭血圧の値を把握することが必須になります。さらに、降圧薬がきちんと効いているかどうか、あるいは効きすぎていないかどうかを知るためにも家庭で血圧を測定することがとても大切です。

高血圧治療に取り組む患者さんへのメッセージ

高血圧は動脈硬化だけでなく、様々な病気の存在を知るきっかけになる健康のバロメーターです。高血圧を指摘された方だけでなく、健康に関心のある方は家庭血圧の測定を始めてみてはいかがでしょうか。脈拍数を同時に測ることで心房細動などの怖い不整脈の早期発見にも役立ちます。

医師は、血圧手帳に記された毎日の血圧や脈拍、体調や変動などを手がかりに患者さんの病態を推し量り、患者さんと一緒に高血圧治療を考えていきます。その時、家庭血圧の測定記録は医師と患者さんをつなぐコミュニケーションツールにもなります。できるだけ毎日、ただし強いストレスを感じない程度に気長に測定をしていただければと思います。

ドクターの紹介

医療機関名称 虹が丘病院 循環器内科
住所 長崎県長崎市虹が丘町1-1
電話番号 095-856-1112
医師名 副院長 迫 稔(はざま みのる)先生

※ 掲載情報は取材当時の内容となりますので予めご了承ください。

次へ

前へ