大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

高血圧一問一答 ~よくある質問に答えます~

1日の間で血圧は変化しますか?

血圧は心臓の鼓動により生じ、一拍ごとに変動しています。この変動を時間の単位で区切ってみると、1日のうちでの変動(日内変動)や、1年のうちでの変動(季節変動)などがあります。さらにより短時間でみると、血圧は精神的な緊張やストレス、運動などによって絶えず変化しています。

通常、血圧値は昼間よりも夜間(就寝中)に低下し、起床前から起床後にかけて上昇するという変動パターンを示します。このパターンはdipper(ディッパー)型と呼ばれ、夜間の血圧値は昼間の血圧値に比べて10~20%ほど低くなります。しかし、血圧の日内変動が異常をきたすと、昼間から夜間の血圧低下率が10%未満しかないnon-dipper(ノン・ディッパー)型、夜間の血圧低下率が20%を超えて極端に下がるextreme dipper(エクストリーム・ディッパー)型、逆に昼間より夜間の血圧値が上昇するriser(ライザー)型というパターンを示します。Non-dipper型とriser型の方は、正常なパターンの方に比べて脳卒中や心筋梗塞などが起こる危険性、あるいは心臓や腎臓、脳の臓器障害が起こる危険性が高いことがわかっています。Extreme dipper型では脳卒中が発症する危険性が高いことが知られています。

腎臓病患者さんには、夜間の血圧が高いnon-dipper型やriser型、早朝に急激な血圧上昇をきたす早朝高血圧の方が多くいらっしゃいます。その原因として、腎臓病患者さんではレニン・アンジオテンシン系という血圧上昇システムが活発になっていることや、腎機能が低下することによってナトリウム排泄機能も落ちるため塩分が貯まり高血圧をきたすことなどがあります。

血圧日内変動の異常は、24時間自由行動下血圧測定(ABPM)を行うことで発見できます。当院では、家庭で早朝と就寝前の血圧値をしばらくの間計測してもらい、異常があると疑った場合にABPMを行い、日内血圧変動に異常がないかどうか確認しています。

高血圧治療に取り組む患者さんへのメッセージ

高血圧と診断されたら、家庭で朝晩の血圧測定を継続し、ご自分の血圧値や変動のパターンを把握しましょう。その毎日の記録に基づいて医師と相談し、季節や生活状況に応じて降圧薬の量や種類を調節することがより良い治療につながると思います。

ドクターの紹介

医療機関名称 日本赤十字社 長岡赤十字病院 腎臓内科
住所 新潟県長岡市千秋2丁目297番地1
電話番号 0258-28-3600
医師名 副院長 山﨑 肇(やまざき はじめ)先生

※ 掲載情報は取材当時の内容となりますので予めご了承ください。

次へ

前へ