大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

高血圧一問一答 ~よくある質問に答えます~

太っていると高血圧になりやすいのですか?

一般的に、正常体重の人に比べると、肥満の人は高血圧を発症する可能性が2~3倍高いと言われています。その原因の一つは、肥満の人では食事量が多い傾向にあり、それに伴って塩分摂取量も多くなっているためだと考えられます。塩分摂取量が増えると血液中のナトリウム濃度が上昇しますが、人間の体はそれを薄めて元の濃度に戻そうとするため、体内に水分がたくさん取り込まれて血液の量(循環血液量)が増加します。すると血液が血管を押し広げる力が強まり、結果として血圧が上がってしまうのです。また、循環血液量の増加や食事の摂取によって血糖値が上昇すると、体内でのインスリン分泌が活発になります。インスリンは体内の血糖値のコントロールに欠かせないのですが、同時に血管を収縮させる交感神経を刺激する作用もあることから、インスリン分泌が活発になると血管が収縮して結果的に血圧が上昇することになります。さらに、通常、体内の余分なナトリウムは腎臓から尿中へと排泄されますが、インスリンが分泌されると腎臓でのナトリウム再吸収が促進されるため、体内にさらに水分をため込んでしまうという悪循環が生じます。これも血圧を上昇させる一因となります。

なお、最近の研究では、肥満の人の脂肪細胞からは動脈硬化を進展させる作用のある“アディポサイトカイン”と呼ばれるホルモンのような生理活性物質が分泌されることや、肥満に多く合併する睡眠時無呼吸症候群という疾患が交感神経を刺激し、高血圧の発症や増悪に影響を及ぼすことなども明らかになっています。

このように、肥満の人は正常体重の人よりも高血圧を発症しやすい状況にあると考えることができます。しかしながら、肥満の人が全員、高血圧をきたすわけではありません。反対に、標準体重以下の人でも高血圧を発症することがあるので、注意が必要です。

高血圧治療に取り組む患者さんへのメッセージ

肥満の解消は、高血圧治療において重要なことですが、無理な減量は継続が難しいため、まずは夜遅い時間帯の食事を避ける、運動できない日は少し食事の量を減らしてみるといった、ご自身の生活スタイルのなかでできる生活習慣の改善から始めてみましょう。また、減量のモチベーション維持のために「少し痩せておしゃれを楽しもう」「体力をつけて子どもと一緒に登山にいこう」といった、身近で具体的な目標を見つけるのもよいと思います。

ドクターの紹介

医療機関名称 北海道中央労災病院 循環器科
住所 北海道岩見沢市四条東16-5
電話番号 0126-22-1300
医師名 部長 酒井 寛人(さかい ひろと)先生

※ 掲載情報は取材当時の内容となりますので予めご了承ください。

次へ

前へ