大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

高血圧一問一答 ~よくある質問に答えます~

早朝に血圧が高いのですが、気にしなくても良いですか?

血圧は1日の間でも変動します。通常、血圧は睡眠中に低く、起床前から昼間の活動量が多い時間帯にかけて、ゆっくりと高くなっていきます。そして夕方になって活動量が減ると血圧も下がり、夜にかけてはさらに低くなっていきます。

“早朝に血圧が高い”という場合、早朝の血圧だけが高い「狭義の早朝高血圧」と早朝以外の血圧も高い「広義の早朝高血圧」が考えられます。しかし、実際には早朝だけ血圧が高いという「狭義の早朝高血圧」の患者さんは多くはなく、「広義の早朝高血圧」(家庭血圧で135/85mmHg以上)を早朝高血圧と考えてよいと思います。

1日の血圧変動パターンを正しく把握するには、24時間自由行動下血圧測定(ABPM)によるモニタリングを行うことが理想的です。当院でも血圧変動パターンが気になる患者さんにはABPMをお薦めすることがあります。実際にABPMを行って血圧の変動を調べてみると、やはり早朝だけ血圧が高い「狭義の早朝高血圧」の患者さんは少なく、本来、夜間に下がるべき血圧が下がらなかったり、逆に高くなってしまったり、あるいは日中も血圧が高い「広義の早朝高血圧」の患者さんが多いようです。

狭義のものであれ、広義のものであれ、早朝高血圧は「気にしなくて良い」ものではありません。なぜなら、早朝高血圧は心血管イベントや左室肥大、無症候性脳梗塞などのリスクとなるからです。早朝高血圧を引き起こすメカニズムについては、医学的にはさまざまなものが要因として考えられていますが、患者さんにはその背景に認められる食塩摂取過多や睡眠時無呼吸に注意を向けていただきたいと思います。また、早朝高血圧は慢性腎臓病(CKD)の危険因子にもなります。なお、ABPMを受けなくても、家庭血圧を頻繁に測定することで、ある程度の血圧変動パターンを把握することは可能です。家庭血圧を測定して、早朝に血圧が高いようであれば、主治医の先生に相談してみてください。

治療については、早朝高血圧のタイプや血圧変動パターンの違いにかかわらず、生活習慣を整えたり、降圧薬を使ったりして血圧をなるべく低くコントロールするようにします。降圧薬は飲んでいただかない限り効果は発揮されないので、主治医から処方された降圧薬は指示に従って服用し続けるようにしてください。最近では、2つ以上の降圧薬の成分が1錠に入った配合剤というのもあるので、飲む薬の数をできるだけ少なくしたいという方は、主治医にご相談ください。

高血圧治療に取り組む患者さんへのメッセージ

人は血管から老いるといいますが、昔も今も血管を傷つける一番の危険因子が高血圧であることに間違いはありません。したがって、ご自分の血圧をよく把握し、高血圧にならないような、あるいは高血圧がそれ以上、悪化しないような生活習慣を身につけ、健康的に長い人生を楽しんでいただきたいというのが私の願いです。

ドクターの紹介

医療機関名称 医療法人幸雅会 中西クリニック 内科・循環器科
住所 大阪府池田市住吉1-4-1
電話番号 072-760-0500
医師名 院長 中西 範幸(なかにし のりゆき)先生

※ 掲載情報は取材当時の内容となりますので予めご了承ください。

次へ

前へ