大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

高血圧一問一答 ~よくある質問に答えます~

病院で測る血圧が高いようです。何か理由がありますか?

家庭で測る普段の血圧が正常値(135/85mmHg未満)であるにもかかわらず、病院やクリニック(診察室)で測ると高血圧(140/90mmHg以上)となってしまう現象を「白衣高血圧」と呼び、高血圧と診断される患者さんの15~30%程度にみられます。こうした患者さんは緊張しやすく、何回か来院されても診察室では常に血圧値が高く出てしまいます。白衣高血圧は、基本的に薬物治療は不要ですが、白衣高血圧でない人と比べると糖尿病や脂質異常症のリスクが高いと言われているので注意は必要です。

白衣高血圧は高齢者で頻度が高いというデータがあり、日常診療から感じる私の個人的な印象では男性よりも女性に多いように思います。診察室で測定する血圧値と家庭で測定する血圧値の差については、20~30mmHg程度の人もいれば、診察室で50mmHgも高くなる患者さんもいて、患者さんごとにかなりバラツキがあります。

また、すでに高血圧治療を受けている患者さんで、家庭血圧では正常値範囲内にコントロールされているにもかかわらず、診察室では高くなる場合は「治療中白衣高血圧」と呼ばれています。

白衣高血圧および治療中白衣高血圧は、いずれの場合であっても、家庭血圧の値がわからないと判断できないので、家庭での血圧測定が必須になります。血圧は常に変動しているので、本来は24時間自由行動下血圧測定(ABPM)という方法で測定するのが望ましいのですが、日本ではこの測定方法は十分に普及していません。

一方、白衣高血圧とは逆に、診察室で測る血圧値は140/90mmHg未満と高血圧の基準値に達しないものの、家庭での早朝高血圧や夜間高血圧が基準値(早朝血圧は135/85mmHg、夜間血圧は120/70mmHg)を超えているような場合は「仮面高血圧」と呼ばれます。

高血圧治療に取り組む患者さんへのメッセージ

現在の高血圧治療においては、治療開始や治療効果の判断基準として、診察室で測る血圧値よりも家庭で測る血圧値やABPMによる測定値を重視します。白衣高血圧の患者さんは診察室で測る値がどうしても高く出てしまいますが、大切なのは普段の血圧値です。このため、家庭血圧をきちんと測定して記録したものを診察時に主治医に見せるようにしてください。ときに、家庭血圧が低い値になるまで何度も繰り返し測定する患者さんがいらっしゃいます。血圧の記録は成績表ではないので、測定結果に一喜一憂することなく、朝晩、ほぼ同じ時間帯に測定した血圧値をそのまま記録していただくことこそが適切な高血圧治療へつながるのです。

ドクターの紹介

医療機関名称 むかいでファミリークリニック
一般内科・循環器内科・放射線科・小児科
住所 石川県小松市西軽海町1丁目47番地
電話番号 0761-47-0222
医師名 理事長 向出 大介(むかいで だいすけ)先生

※ 掲載情報は取材当時の内容となりますので予めご了承ください。

次へ

前へ