大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

心筋梗塞

心臓に血液がいきわたらなくなると心臓の機能が衰える

心筋梗塞

心臓に血液を送っている冠動脈が、動脈硬化などで狭くなったり、血栓が詰まったりして、完全に血管がふさがり血液が通らなくなると、その先にある心臓の細胞は死んでしまいます。これが心筋梗塞です。心臓の筋肉で細胞の死んでしまったところは働きが悪くなりますから、心臓のポンプ機能がおとろえ、心不全に陥ることがあります。

心筋梗塞では不整脈や心臓破裂などの合併症が起こると、死に至る危険があります。

次へ

前へ