大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

狭心症の要因

血管が細くなったり、けいれんすることによって狭心症が起こる

狭心症の要因

高血圧によって血管に負担がかかり続けると、血管の壁が傷つき、その壁のなかにコレステロールがたまっていくのが動脈硬化です。動脈硬化が進むと血管の壁が厚くなる分、血液の通り道が狭くなります。このようにして血液の流れが悪くなると、心臓の筋肉に必要な酸素や栄養がいきわたりにくくなります。

すると、心臓が激しい胸痛や圧迫感などの警告サインを出します。これが狭心症です。狭心症は上記の血管の狭窄によって起こるものの他に、冠動脈の一時的な痙攣によって起こるものもあります。

次へ

前へ