大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

高血圧と心臓病

心臓病にもいろいろなタイプがある

高血圧と心臓病

高血圧と関係のある心臓病には、心肥大、心不全、狭心症、心筋梗塞などがあります。

高血圧の状態が長く続くと、全身に血流を送り出す心臓はより強い力が必要となり、心臓の壁が厚くなるという心肥大が起こってきます。心肥大が進展すると、心機能の低下や心不全につながります。

また、高血圧が続くと心臓に養分と酸素を送り込む冠動脈の動脈硬化が生じるため、血管が狭くなったり、詰まったりして、狭心症や心筋梗塞が起こりやすくなります。

(各疾患については、疾患ごとの説明をご参照ください)

次へ

前へ