大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

くも膜下出血

脳の薄い膜で出血が起こるタイプ

くも膜下出血

脳は頭蓋骨に守られていますが、骨の下にはくも膜というクモの巣のように透明な薄い膜があり、その内側に脳があります。脳に血液を送る血管はくも膜の下を走っています。この血管に動脈瘤(こぶ)や動脈硬化があると、血圧が高くなったときに急に破れます。出血した血液は、くも膜と脳のすき間に拡がっていきますが、これがくも膜下出血です。

何の前触れもなく突然猛烈な頭痛、吐き気、嘔吐が起こり、そのまま意識不明になることが多い疾患です。出血が軽い場合、意識は回復しますが、出血量が多いときや、血液が脳内に流れ込んだ場合には死に至ることもあります。1度出血した動脈瘤は、短時間の内に再出血することが多いため、入院しての絶対安静が必要です。

高血圧と関連なく、脳動脈瘤が存在することもあります。

次へ

前へ