大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

脳出血

脳の中で出血が起こるタイプ

脳出血

脳の血管が、動脈硬化を起こしてもろくなっている上に高血圧が続くと、さらにもろくなり、ついには破れて脳の中で出血が起こります。

脳から出血した血液は固まって塊(これを血腫といいます)になります。頭のなかで血腫が大きくなると、頭の中の圧力が高まったり、血腫がまわりの正常な脳を押したりするので、脳の働きが悪くなります。

出血した場所によって症状は違いますが、片麻痺、感覚障害を伴うことが多く、重症だと意識障害、さらには死亡につながることがあります。

次へ

前へ