大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

脳梗塞

日本人の脳卒中の約60%は脳梗塞

脳梗塞

脳梗塞は、脳の血管が細くなったり詰まったりして、その先に血液が行かなくなり、脳の細胞が死んでしまうものです。詰まった場所によって知覚障害や運動障害、意識障害などのいろいろな症状が出てきます。

日本人の死亡原因は、脳卒中の約60%が脳梗塞です(注1)。脳梗塞は血管が動脈硬化を起こし細くなり、血液の固まり(血栓)を形成し詰まってしまう脳血栓と、心臓や頸動脈にできた血栓が血液の流れにのって進み、脳の血管をふさいでしまう脳塞栓の2つに分けられます。脳血栓はさらに細い血管に発生し無症状の場合も多いラクナ梗塞と、太い血管に起こるアテローム血栓性梗塞に分けられます。

注1:平成15年 人口動態統計より

次へ

前へ