大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

高血圧と脳卒中の関係

高血圧は脳卒中の危険因子

高血圧と脳卒中の関係

脳卒中のリスクファクター(危険因子)には、高血圧、糖尿病、心臓病や不整脈、高脂血症、喫煙などさまざまなものがあげられますが、この中で最大の危険因子は「高血圧」です。

厚生労働省の調査によると、収縮期血圧が140から159mmHgの軽症(Ⅰ度)高血圧の人では、脳卒中により死亡する危険度が至適血圧者(110~119mmHg)の約3倍になります。収縮期血圧が180mmHg以上の重症(Ⅲ度)高血圧になると、この危険度は7倍以上にもなります。

次へ

前へ