大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

屋内編

身につけるものによる皮膚炎 金属アクセサリーによる皮膚炎

好発時期 発汗の多い夏。(汗によってアレルゲンが溶出されるため)
原因 ニッケルやコバルトなどの金属によるアレルギー性接触皮膚炎。
感作の成立には金属イオンの溶出が必須で、その溶出には汗に含まれる塩素イオンの作用が大きいとされており、夏場に発症もしくは悪化する。
好発部位 金属製品に接触している発汗部位。
イヤリングでは耳朶、ネックレスでは項部、前胸部、ブレスレットでは手首など。
症状 接触部位に紅斑、丘疹、小水疱を生じる。
長期間、金属との接触が続くことで局所が湿潤し、自家感作性皮膚炎を生じることもある。
ピアス皮膚炎では時に2次感染を併発する。
また、金ピアスによる皮膚炎は肉芽腫やケロイドを形成することがある。

Javascriptがオフ、またはFlash Playerをインストールしていないか、古いバージョンのFlash Playerがインストールされています。
このwebサイトをご覧になるためには、Adobe Flash Player のインストール外部リンク が必要です。

日常の対策

原因となる金属製品を使用しない。金属アレルギーの感作は長時間持続するため、永年的な原因回避を要する。ニッケルとコバルトは化学的に近縁関係にある金属であり、両者に同時に感作されていることが多い。安価なアクセサリーの多くはニッケルやコバルトが用いられており、その使用に注意する必要がある。
これらの金属アクセサリーでかぶれを生じる場合はチタンやプラチナ製品、セラミック製品での代用が無難である。