大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

屋外編

海洋生物による皮膚炎 シロガヤ刺症

シロガヤは本州以南の暖海に生息する。黒色のクロガヤは、シロガヤに比べると毒性は弱い。

シロガヤ 体長約100~150mm
※植物のように見えるが、ヒドロ虫体という動物の群体。

写真提供:串本海中公園センター

好発時期
好発場所
浅海の岩礁、サンゴ礁のリーフ内外。水深10mまでの岩礁域に生息するので、漁労やシュノーケリング時に刺されることが多い。
原因 触手との接触による。クラゲ同様、触手に触れると小カプセル(刺胞)が内蔵する毒液と刺糸を大量に発射する(クラゲ刺症参照)。
好発部位 四肢など露出部位。
症状 刺された瞬間に電撃的な激痛がある。
発赤を伴う丘疹がみられ、次第にかゆみと腫脹が強くなる。水疱を生じた後、びらん、潰瘍を形成することもある。

Javascriptがオフ、またはFlash Playerをインストールしていないか、古いバージョンのFlash Playerがインストールされています。
このwebサイトをご覧になるためには、Adobe Flash Player のインストール外部リンク が必要です。

日常の対策

シュノーケリングなどを行うときには肌の露出をできる限り少なくする。足ヒレ等が触れるとバラバラになって海中を浮遊し、被害が増すことが多い。刺されたときには、砂や水でこすらないようにする(刺胞から刺糸の発射を助長するため)。