大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

気になるふるえ

本態性振戦とパーキンソン病

このふたつの病気は、症状にかなりの違いがあります。本態性振戦はふるえのみを症状とする病気ですが、パーキンソン病にはふるえ以外にもいろいろな症状があります。ふるえの特徴では、パーキンソン病のふるえはじっとしているとき(安静時)にみられ、本態性振戦のふるえは、コップを持つなど一定の姿勢を保とうとするとき(姿勢時)やコップを取ろうとするとき(動作時)にみられるという違いがあります。

  本態性振戦 パーキンソン病
発病年齢 中年以降に多くみられます。若い人にも発症します。 中年以降に多くみられます。
好発部位 手、頭、声のふるえ。 手、足のふるえ。
家族歴 ときにあります(家族性振戦ともいう)。 多くの場合ありません。
症状 ふるえ(振戦)のみです。 ふるえ(振戦)のほか固縮(筋肉の動きがこわばる)、無動(動きがにぶくなる)などがあります。
ふるえ(振戦)の
特徴
姿勢時、動作時に出現します。速いふるえ(振戦)。 安静時に出現します。遅いふるえ(振戦)。丸薬を丸めるような動きをすることがあります。
食事動作など 手にふるえ(振戦)が出現し、うまくできません。 動作が遅いが、ふるえ(振戦)は目立ちません。
書字 大きく乱れます。 字が次第に小さくなります(小字症)。