大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

ファブリー病とは

はじめに

ファブリー病(Fabry disease)はイギリスとドイツの皮膚科医によって1898年に初めて報告されました。この疾患は遺伝子の変異が原因で、細胞内リソソーム(ライソゾーム)の酵素の欠損や活性の低下により、様々な症状が引き起こされる「先天代謝異常症」のひとつです。
酵素が欠損すると、体内の細胞に不要な糖脂質が蓄積されるため、手足の激しい痛みや皮膚の異常、尿の異常など、体のあらゆるところに症状が出現することがあります。遺伝子に変異があるために、遺伝子を持った本人から、子供に伝わる可能性があり、家系の中で代々受け継がれていくケースも多くみられます。また、ファブリー病は国が難病(特定疾患)と指定している「ライソゾーム病」に分類されている疾患です。

ファブリー病は、適切な治療や生活環境を整えることで、病気の進行を遅らせ、日常生活における QOL の改善を期待することができます。
ここでは、患者様向けに作成した「ファブリー病ハンドブック」の内容をもとに、ファブリー病の病態や日常生活における注意点などをわかりやすく紹介しています。

当サイトがファブリー病を理解いただく上で、少しでもお役に立てていただければ幸いです。

監修:名古屋セントラル病院 ライソゾーム病センター・血液内科
センター長 坪井 一哉