大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

糖尿病ってどんな病気?

糖尿病とは、慢性的に血液中のブドウ糖濃度(血糖値)が高くなった状態が続いている病気です。

ブドウ糖はからだにとって最も重要なエネルギー源です。

血液中に溶け込んで全身に運ばれ、インスリンというホルモンのはたらきで、肝臓や筋肉などの細胞内に取り込まれ、利用されます。

通常、血液中のブドウ糖濃度(血糖値といいます)は、いくつかのホルモンがバランスよくはたらいて、一定の範囲内に保つように調節されています。ところが何らかの原因でインスリンの効果が発揮されないと、ブドウ糖が血液中にだぶついてしまいます。このような状態を高血糖といい、高血糖の状態が長く続くのが糖尿病です。

糖尿病とは