大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

第3回 糖尿病網膜症の予防

用語解説

合併症
病気が原因で他の臓器に生じる不具合や他の病気。糖尿病には急性の合併症と、時間をかけて徐々に進行する慢性の合併症があり、慢性合併症には細小血管障害と大血管障害がある。
網膜症
網膜は眼球に入ってきた光を信号に変え、視神経により脳に伝える役割を果たしている。糖尿病性網膜症は、高血糖により網膜の毛細血管がおかされる病気。放置すると最終的には網膜剥離(もうまくはくり)、失明などの深刻な視覚障害が生じることがある。失明原因の第1位となっている。
硝子体
眼球のほとんどをしめる透明なゲル状の組織。レンズの役割をする水晶体の奥にあり、眼球の形を保ち、目に入ってくる光を屈折させるなどの役割がある。
新生血管
高血糖が原因で網膜の血管がおかされ、酸素が行きわたらなくなった結果、それを補うためにできる新しい血管。通常の血管よりもろいため出血などを起こしやすい。
緑内障
視野が欠けたり、視力が低下する目の病気。眼圧が高くなることが原因で、目の神経(視神経)がおかされることによって発症する。
レーザー治療
網膜症に対するレーザー治療は、網膜にできた新しい血管や増殖した膜にレーザーを照射し、焼き固めることでその進行を抑える治療。光凝固治療ともいう。
硝子体手術
レーザー治療で網膜症の進行が抑えられなかった場合に行う手術。眼球に3つの穴をあけ、細い器具を挿入し、硝子体のなかの出血や増殖した網膜組織を取り除く。顕微鏡をみながら行う高度なレベルを要する手術。
リスク因子
危険因子。病気や合併症が発症する確率を高める原因や要素。糖尿病の危険因子としては肥満、運動不足、ストレスなどがあげられ、糖尿病は心筋梗塞や脳梗塞の危険因子となる。
罹病期間
病気にかかっている期間。
Kumamoto study(熊本スタディ)
2型糖尿病患者さんの治療について、1日1~2回注射する通常のインスリン治療と、インスリンの使用頻度を高めた治療では、どちらがより良い血糖コントロールができ、細小血管障害の発症や進行を抑えることができたかを熊本大学がまとめた研究の名称。
HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)
過去1~2か月間の血糖値の平均を表す検査値。これまで日本で用いられてきた"JDS値"で6.5%以上、国際標準値で6.1%以上だと糖尿病型と判定される。赤血球に結合したブドウ糖を測定している。
空腹時血糖
前日の夕食を摂った後、何も食べずに翌朝に測定する血糖値。日本糖尿病学会の判定基準では、100mg/dL 未満を「正常型」、100mg/dL以上110mg/dL以下を「正常高値」としている。
食後2時間血糖値
食事を開始してから2時間後の血糖値。140mg/dL以上が「食後高血糖」。糖尿病の早期の段階では食後血糖値は大幅に上昇するが、空腹時には血糖値は正常域に下がる。食後高血糖であると、心筋梗塞や脳梗塞を発症する危険が高くなることがわかっている。空腹時血糖値の測定だけでは食後高血糖を見逃すことになり注意が必要である。
脂質異常症
血液のなかのコレステロールや中性脂肪などの脂質が異常に多くなる病気。増えた脂質は血管の内側にたまり動脈硬化の原因になる。

糖尿病の合併症 ~その予防のために~ 第3回 糖尿病性網膜症の予防

聖マリアンナ医科大学 眼科 准教授 高木均 先生

糖尿病性網膜症は視力障害を起こす目の病気の第2位。早期にみつけて治療すれば進行を抑えることがきます。そのため定期的に眼科で検診を受けることが大切です。

糖尿病性網膜症は、目に入る光を信号に変え、視覚にとって重要な役割を果たす網膜がおかされる病気です。緑内障に次いで視覚障害を起こす病気の第2位と多 く、2型糖尿病患者さんの約3割に起こるといわれています。進行するとレーザー治療や硝子体手術などの外科的治療が必要になりますが、治療にともなう危険 も少なくなく、発症を予防することが重要です。

網膜症を起こしやすい状態としては、血糖値が高い、血糖値が変動する、糖尿病にかかっている期間が長い、高血圧や脂質異常を合併しているなどがあげられます。HbA1c、空腹時血糖値、食後2時間の血糖値が高いほど、網膜症が悪化することもわかっています。

糖尿病性網膜症の発症を未然に防ぐには、血糖値を良好にコントロールするほか、高血圧や脂質異常を治療することが必要です。できるだけ早期にみつけて治療すれば、進行を抑えることができます。そのため定期的に眼科で検診を受けることが大切です。

動画一覧