大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

第2回 糖尿病性神経障害の予防

用語解説

合併症
病気が原因で他の臓器に生じる不具合や他の病気。糖尿病には急性の合併症と、時間をかけて徐々に進行する慢性の合併症があり、慢性合併症には細小血管障害と大血管障害がある。
細小血管障害
高血糖が続き、細い血管が傷つけられて生じる障害。糖尿病の3大合併症といわれる網膜症、腎症、神経障害などがある。
大血管障害
高血糖などが原因で動脈硬化が起こり、太い血管に生じる血管障害。糖尿病であることで起こりやすくなる合併症で、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などがある。
脳梗塞
動脈硬化が原因で脳内の血管がつまったり、脳以外の血管にできた血栓(血液のかたまり)が脳に流れてきて血管をつまらせ、血流が途絶えることで脳がおかされる病気。死亡することもあり、半身麻痺や失語症など深刻な後遺症が生じることもある。
心筋梗塞
心臓の筋肉に血液を送る冠動脈に動脈硬化が起こり、血栓(血液のかたまり)ができ、血流が途絶えることで心臓がおかされる病気。手当てが遅れると死亡することもある。
脂質異常症
血液のなかのコレステロールや中性脂肪などの脂質が異常に多くなる病気。増えた脂質は血管の内側にたまり動脈硬化の原因になる。
腎症
腎臓は毛細血管が球状に密集した「糸球体」と呼ばれる部分で血液をろ過し、老廃物や余分な水分を尿として排出している。糖尿病性腎症は、高血糖により毛細血管でできた糸球体がおかされ、腎臓の機能が低下する病気。自覚症状がないまま徐々に進行する。
網膜症
網膜は眼球に入ってきた光を信号に変え、視神経により脳に伝える役割を果たしている。糖尿病性網膜症は、高血糖により網膜の毛細血管がおかされる病気。放置すると最終的には網膜剥離(もうまくはくり)、失明などの深刻な視覚障害が生じることがある。失明原因の第1位となっている。
神経障害
糖尿病性神経障害は、高血糖により末梢神経の伝達作用に障害が生じ、手足のしびれや痛み、立ちくらみ、内臓の不具合など、全身にさまざまな症状をもたらす障害。足の壊疽により切断を余儀なくされるおそれもある。
末梢神経
神経は脳や脊髄からなる中枢神経と、そこから体の各部にのびる末梢神経にわけられる。知覚神経、運動神経、自律神経などがある。
知覚神経
見る、聞く、ふれる、味わう、におうなど感覚に関する情報を脳に伝える神経。感覚神経ともいう。
運動神経
体の骨格筋や内臓を動かす筋肉をつかさどる神経。
自律神経
脳や脊髄と内臓とをつなぎ、心臓の拍動、血圧、呼吸数、胃酸分泌などさまざまな内臓機能を調節する神経。
壊疽
足などの皮膚や皮下組織が腐ってしまう病気。血管障害と神経障害によるものがあり、足の切断を余儀なくされることもある。
動脈硬化
動脈の内側の壁に脂肪やコレステロールがたまり、血管が狭くなったり、もろくなったりする現象。血流が悪くなり、血管がつまると心筋梗塞や脳梗塞などを起こす。
心血管イベント
心筋梗塞や脳梗塞など心臓や血管の病気が発生すること。またそれによって死亡すること。
予測因子
病気が今後どうなるかを予測することができる因子、指標。例えば、血圧が高いと心筋梗塞になりやすい場合、血圧は心筋梗塞の予測因子となる。
内膜中膜複合体肥厚度(intima-media thickness : IMT)
動脈の血管壁は内膜・中膜・外膜の3層からなり、そのうちエコーで表示される内膜と中膜を合わせた厚み。動脈硬化が進行するとその値が高くなる。
脈波伝播速度(pulse wave velocity:PWV)
心臓が拍動したあとに脈が動脈の血管壁を伝わる速度。動脈硬化により血管壁が硬いと速度が速く、軟らかいと遅くなるため、動脈硬化の程度を評価する指標となる。
カプリ試験
644名の2型糖尿病患者さんが参加したイタリアの試験。食後の血糖値がどの程度高くなり、何時間後にピークになるかを調査し、動脈硬化との関係を検討した。
HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)
過去1~2か月間の血糖値の平均を表す検査値。これまで日本で用いられてきた"JDS値"で6.5%以上、国際標準値で6.1%以上だと糖尿病型と判定される。赤血球に結合したブドウ糖を測定している。
食後血糖
通常、食事をすると血糖値が少し上がり、2~3時間以内に食事前の値に戻るが、糖尿病になり始めると食後の血糖値が高くなる。食事開始2時間後の血糖値が140mg/dL以上の場合「食後高血糖」という。糖尿病の早期の段階では、食後血糖値が大幅に上昇しても、空腹時には正常域に下がることが多い。そのため空腹時血糖値の測定だけでは食後高血糖を見逃すことになり注意が必要である。
リスク因子
危険因子。病気や合併症が発症する確率を高める原因や要素。糖尿病の危険因子としては肥満、運動不足、ストレスなどがあげられ、糖尿病は心筋梗塞や脳梗塞の危険因子となる。

糖尿病の合併症 ~その予防のために~ 第2回 糖尿病性神経障害の予防

医療法人社団 自由が丘横山内科クリニック 理事長・院長 横山宏樹 先生

手足のしびれや足の痛みにはじまる糖尿病性神経障害は、全身の神経障害を起こすばかりでなく、心筋梗塞や脳梗塞の危険サインでもあり、早期に予防することが大切です。

糖尿病性神経障害は、体のすみずみまで枝わかれしている末梢神経がおかされる病気です。手足のしびれや痛みなどにはじまり、進行すると運動神経や自律神経にも広がりさまざまな障害を起こします。最終的には足などの皮膚や皮下組織が腐り、切断を余技なくされることもある怖い合併症です。糖尿病患者さんの約35%に起こるといわれています。

糖尿病による神経障害の発症には動脈硬化も関係しています。神経障害が起こるとすでに動脈硬化が進んでいる可能性があり、心筋梗塞や脳梗塞の危険サインと捉えることもできます。

動脈硬化がどのくらい進行しているかは、首の動脈である頚動脈の血管壁の厚さ(IMT)で評価することができます。空腹時の血糖値と、食後のピークの血糖値の差が大きいほど、この血管壁が厚くなるともいわれており、食後高血糖は動脈硬化を進行させることが証明されています。糖尿病治療において神経障害を予防することは、心筋梗塞や脳梗塞を未然に防ぐという意味でもとても大切になります。

動画一覧