大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

第1回 糖尿病性腎症の予防

用語解説

合併症
病気が原因で他の臓器に生じる不具合や他の病気。糖尿病には急性の合併症と、時間をかけて徐々に進行する慢性の合併症があり、慢性合併症には細小血管障害と大血管障害がある。
細小血管障害
高血糖が続き、細い血管が傷つけられて生じる障害。糖尿病の3大合併症といわれる網膜症、腎症、神経障害などがある。
大血管障害
高血糖などが原因で動脈硬化が起こり、太い血管に生じる血管障害。糖尿病であることで起こりやすくなる合併症で、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などがある。
脳梗塞
動脈硬化が原因で脳内の血管がつまったり、脳以外の血管にできた血栓(血液のかたまり)が脳に流れてきて血管をつまらせ、血流が途絶えることで脳がおかされる病気。死亡することもあり、半身麻痺や失語症など深刻な後遺症が生じることもある。
心筋梗塞
心臓の筋肉に血液を送る冠動脈に動脈硬化が起こり、血栓(血液のかたまり)ができ、血流が途絶えることで心臓がおかされる病気。手当てが遅れると死亡することもある。
腎症
腎臓は毛細血管が球状に密集した「糸球体」と呼ばれる部分で血液をろ過し、老廃物や余分な水分を尿として排出している。糖尿病性腎症は、高血糖により毛細血管でできた糸球体がおかされ、腎臓の機能が低下する病気。自覚症状がないまま徐々に進行する。
網膜症
網膜は眼球に入ってきた光を信号に変え、視神経により脳に伝える役割を果たしている。糖尿病性網膜症は、高血糖により網膜の毛細血管がおかされる病気。放置すると最終的には網膜剥離(もうまくはくり)、失明などの深刻な視覚障害が生じることがある。失明原因の第1位となっている。
神経障害
糖尿病性神経障害は、高血糖により末梢神経の伝達作用に障害が生じ、手足のしびれや痛み、立ちくらみ、内臓の不具合など、全身にさまざまな症状をもたらす障害。足の壊疽により切断を余儀なくされるおそれもある。
増殖網膜症
網膜症の末期段階。単純網膜症、前増殖網膜症に続いて起こる。網膜の毛細血管がおかされ、新しい血管ができるのが特徴。出血を繰り返し、増殖膜が形成され、その影響で網膜剥離を起こす。
腎不全
腎臓の機能がほとんど働かなくなった状態。心不全、肺に水がたまる肺水腫、尿毒症などを起こすことがあり、透析導入を検討することが必要になる。
尿毒症
尿に排泄されるはずの老廃物が、腎不全が原因で体内にたまり、代謝異常などを起こして全身にさまざまな中毒症状を起こす状態。透析治療が必要になる。
透析
機能しなくなった腎臓に代わり血液の老廃物や余分な水分を取り除く治療法。血液透析と腹膜透析がある。血液透析は腕から血液を体外に取り出し、透析器という機械で血液をきれいにする方法。1回4~5時間、週2~3回通院して行う。腹膜透析は自分の腹膜を利用する方法。1回30分程度、1日3~4回在宅で行う。
微量アルブミン尿
アルブミンはたんぱくの1種。尿検査が陰性であっても、尿中のアルブミンを測ることで、早期の腎症が診断できる。
心血管イベント
心筋梗塞や脳梗塞など心臓や血管の病気が発生すること。またそれによって死亡すること。
頚動脈エコー
超音波検査装置(エコー)により首の動脈である頚動脈の血管壁の厚みなどを視覚的に測定する検査。
内膜中膜複合体肥厚度(intima-media thickness : IMT)
動脈の血管壁は内膜・中膜・外膜の3層からなり、そのうちエコーで表示される内膜と中膜を合わせた厚み。動脈硬化が進行するとその値が高くなる。
脈波伝播速度(pulse wave velocity:PWV)
心臓が拍動したあとに脈が動脈の血管壁を伝わる速度。動脈硬化により血管壁が硬いと速度が速く、軟らかいと遅くなるため、動脈硬化の程度を評価する指標となる。
動脈硬化
動脈の内側の壁に脂肪やコレステロールがたまり、血管が狭くなったり、もろくなったりする現象。血流が悪くなり、血管がつまると心筋梗塞や脳梗塞などを起こす。
カプリ試験
644名の2型糖尿病患者さんが参加したイタリアの試験。食後の血糖値がどの程度高くなり、何時間後にピークになるかを調査し、動脈硬化との関係を検討した。
食後血糖
通常、食事をすると血糖値が少し上がり、2~3時間以内に食事前の値に戻るが、糖尿病になり始めると食後の血糖値が高くなる。食事開始2時間後の血糖値が140mg/dL以上の場合「食後高血糖」という。糖尿病の早期の段階では、食後血糖値が大幅に上昇しても、空腹時には正常域に下がることが多い。そのため空腹時血糖値の測定だけでは食後高血糖を見逃すことになり注意が必要である。
空腹時血糖
前日の夕食を摂った後、何も食べずに翌朝に測定する血糖値。日本糖尿病学会の判定基準では、100mg/dL 未満を「正常型」、100mg/dL以上110mg/dL以下を「正常高値」としている。
グルコーススパイク
食後30分、1時間といった、食事直後の急激な血糖値の上昇。
DIS
1,139名の2型糖尿病患者さんが参加したドイツの試験。11年間にわたってどのような患者さんが心筋梗塞を発症し、死亡するかを調査した。
食後高血糖
食事により引き起こされる高血糖状態。通常、健康な人では、食事開始2時間後食後2時間の血糖値が140mg/dL以上を超えることはないと考えられている。高血糖状態の場合、心筋梗塞や脳梗塞を発症する危険が高くなることがわかっている。
リスク因子
危険因子。病気や合併症が発症する確率を高める原因や要素。糖尿病の危険因子としては肥満、運動不足、ストレスなどがあげられ、糖尿病は心筋梗塞や脳梗塞の危険因子となる。

糖尿病の合併症 ~その予防のために~ 第1回 糖尿病性腎症の予防

医療法人社団 自由が丘横山内科クリニック 理事長・院長 横山宏樹 先生

糖尿病性腎症は心筋梗塞や脳梗塞の危険を高め、進行を食い止めるには早期より尿中アルブミンを測定することが重要

糖尿病性腎症は糖尿病の3大合併症の1つで、適切な治療をおこたると腎不全を経て尿毒症に至り、透析導入を余儀なくされることもあります。

日本人の2型糖尿病患者さん8897人の腎臓の状態を調べたところ、4割以上の患者さんに「微量アルブミン尿」がみつかりました。微量アルブミン尿はたん ぱく尿がみつかる前に測定できる腎機能障害の感度の高い指標で、腎症を早期に診断することができます。微量アルブミン尿の存在は腎症ばかりでなく、心筋梗 塞や脳梗塞の危険を高めることが知られており、腎症の進行、心筋梗塞や脳梗塞の発症を予防するには、早期から尿中アルブミンを測定し、適切な治療をするこ とが重要になります。

糖尿病治療では尿中アルブミンに加え、動脈硬化の進行を評価するため、頚動脈エコーによる内膜中膜複合体肥厚度(IMT)や脈波伝播速度(PWV)が検査されます。

血糖は食事を摂ったあと急激に上昇し、その後インスリンの働きで低下しますが、食後血糖のピーク値と空腹時血糖値との差が大きいほど頚動脈IMTが高いこ とが報告されています。食後高血糖は動脈硬化を進行させることから、心筋梗塞や脳梗塞を予防するには空腹時血糖はもちろんのこと食後高血糖を抑えることが 大切になります。

動画一覧