大日本住友製薬
Innovation today, healthier tomorrows

糖尿病の合併症

本サイトでは、糖尿病の合併症についてよく知りたい、という患者さん、ご家族のために、糖尿病を専門とされる先生方によるご解説の動画など、糖尿病の合併症について、紹介しています。

第6回 高血圧(2:23)動画

東京慈恵会医科大学 糖尿病・代謝内分泌内科 准教授 西村理明先生

糖尿病と高血圧の合併率は高く、脳梗塞や神経障害等様々な合併症を発症する可能性が高まります。その予防について解説しています。

第7回 認知障害(1:35)動画

日本医科大学 老年内科 教授 大庭建三先生

認知症は高齢の糖尿病患者さんでは糖尿病の人に比べて2~3倍で合併症の1つと考えられます。その予防について解説しています。

糖尿病とは

糖尿病とはインスリンというホルモンが不足したり、働きが不十分なために血糖値が上昇する病気です。初期には症状がほとんどなく、症状を自覚するようになったときには、すでに合併症を引き起こしている場合があります。

糖尿病にはインスリンが出なくなることから発症する1型糖尿病と、遺伝的な要因と生活習慣が関わって発症する2型糖尿病があります。

患者数の多い2型糖尿病の治療法は、食事や運動療法が基本となり、場合により内服薬やインスリン注射を追加します。これらの療法には正しい知識を持って治療を行うことが大切です。

合併症とは

合併症には、急性合併症と慢性合併症があります。一般的に糖尿病の合併症といわれるのは、慢性合併症を指すことが多く、神経障害、網膜症、腎症などの細小 血管障害と心筋梗塞や脳卒中などの動脈硬化性疾患に分類されます。最近では認知症なども糖尿病に関連する合併症として考えられるようになっています。

慢性合併症には初期段階では自覚症状があまりないため、症状がなくても治療が必要になります。放置しておくと、深刻な状況を引き起こすこともありますので、正しい知識を持って治療を行うことが大切です。